post-vintage

Redesign clothes

Dye

"2020/2050"

コンセプト・企画・ヴィンテージセレクト/大原奈緒子(rhythm.war*p )

​染色アーティスト/nonco.

Archive Video

音楽

青谷明日香(シンガーソングライター)

 

映像

パフォーマンス/松山昂史

カメラ/小林侑生

企画・映像編集/大原奈緒子
 

post-vintage 2020
"2020/2050"
染色作品アーカイブ映像

映像内で身に着けているジャンプスーツは、染色デザイナーnonco.さんによって染色デザインされたpost-vintage2020古着作品です。2019年に制作した青谷明日香さんによる楽曲"Adiaŭ(アディアウ)"に松山昂史さんが振り付け、パフォーマンスした映像作品です。

​*​**

彼女のパフォーマンスを初めて観たのは2015年だったと記憶します。
セクシャルマイノリティに声を上げる作品で、当時妊娠中の私には少し刺激的なものでした。

多様性やLGBTQというワードを耳にする機会が増えた2020年でも、まだその偏見は拭い去れないように感じます。私の固定観念がそうさせるのもひとつですが、セクシャルマイノリティというカルチャーもまた、私が容易に足を踏み入れることが許されないような、結界があるように思えるのです。

"古着は生命体"といえる時、私たちは多様性を認めることができるのではないだろうか。


楽曲はシンガーソングライターの青谷明日香さんに制作を依頼しました。
青谷さんの楽曲は、音楽の中のストーリーを疑似体験させるように空想を広げます。物語を語るに長けた青谷さんに、post-vintageのコンセプトを投げ掛け、その概念を音楽にしたものが"Adiaŭ"です。


『"Adiaŭ(アディアウ)" はエスペラント語で「さようなら」。
 悲しいことや辛いことがあったとしても、新たな服に袖を通すといつでも再出発できる気がする。ほんの少し、微かな追い風をあなたの「さようなら」に寄せて。』