​about

古着を扱っていると、時として素晴らしいアイデアに遭遇します。

​一度は手を離れゴミとなった古着が

時を越えてまた誰かの心をときめかせる

そんな瞬間に私は面白さを感じます。

リズムワープは古着をツールに

「感覚すること」をテーマにした時空間です。